翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 手指が痺れるとお悩みの方へ

手指が痺れるとお悩みの方へ

 今回は、手指の痺れについて具体的な原因と対策についてお伝えしたいと思います。痺れというものは、非常に曖昧な感覚です。正座の後の様なジンジンする痛みと訴える人もいれば、針で刺すような痛み、焼ける様な痛みを訴える人もいます。

 痺れとは、神経が障害された時に起こる症状の一つです。痺れがある場合、何らかの神経が障害されていると判断されます。神経には筋肉の運動を担当する神経と、感覚を感じる為の神経とに分ける事が出来ます。痺れの他にも、障害された神経の違いにより、筋肉が動かしにくくなる麻痺の症状が出る事もあれば、感覚が鈍くなる感覚障害が出てくる事もあります。

 初めに、手や腕の一部分が痺れるというケースについてご紹介します。人間の手足には無数の神経があり、それらを末梢神経と言います。末梢神経が障害されるとその神経が担当する部分に麻痺が起こります。特定の筋肉に力が入らなくなる、一部分の感覚のみが鈍く感じるといった症状を訴えるケースが多くあります。

 末梢神経の障害で最も多いのが、手根管症候群と呼ばれる症状です。

 手根管症候群とは、正中神経と呼ばれる神経が何らかの原因で圧迫されてしまう事で起こります。具体的な症状として、親指、人差し指、中指の痺れや握力の低下、親指を上手く使う事が出来ないといったものが挙げられます。多くは安静や局部注射により症状が軽減しますが、症状が重度の場合は手術により圧迫した部位を広げる方法等も行われます。

syukonkan-syoukougun2.jpg

 局所的な痺れが起こる原因は他にもあります。頸部神経根症状と呼ばれる症状は、末梢神経と同様に腕や手の一部分に痺れや麻痺等が起こります。頸部神経根症状は、痺れの度合いが首の動きに左右されるのが特徴です。

頸部神経根症状.jpg

 ある一定の方向を向くと手の痺れや痛みが強くなるというケースの場合には頸部神経根症状の可能性があります。場合によっては麻痺が拡大してしまうという事もあるので、上記の症状がある場合は、整形外科へ受診すると良いでしょう。

 脳や脊髄等、中枢神経と呼ばれる部位に何らかの病変がある場合にも痺れが出る場合があります。中枢神経の場合、痺れの範囲が広範囲に及ぶのが特徴です。例えば脳梗塞の場合では、半身に痺れの症状が起こります。手だけでなく、同じ側の足の痺れや呂律が回らない等の痺れ以外の症状がある場合には脳梗塞である可能性が高いと言えます。

noukousoku.jpg

 脳梗塞は早期治療がとても重要になります。その為、上記の症状が出ている場合は救急車を要請する等、早期に病院受診をする事が必要です。

 最後に紹介したいのが、糖尿病等の内部疾患が原因で起こる痺れです。糖尿病を患っている患者さんの多くが、痺れの症状を訴えると言われています。糖尿病による痺れは、手袋靴下型という非常に特徴的な症状を訴えます。手袋靴下型の痺れとは、両側の手足の丁度手袋や靴下を身に付ける部分に起こる痺れの事です。手の痺れが両側に出ているという人は糖尿病の可能性があります。糖尿病による痺れの症状を改善するには食事や運動等の糖尿病改善の為の対策が大切となります。

 当院には、鍼灸治療やその他、様々な痺れに対応した治療法がありますので、
上記症状でお困りの際はご相談下さい。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!