翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 右肘(ひじ)の外側と内側の痛みについて

右肘(ひじ)の外側と内側の痛みについて

 「ゴルフ肘」、「テニス肘」という症状を聞いた事があるでしょうか?
スポーツをやっている人なら、一度は聞いた事があるかもしれません。これは、ゴルフやテニスのやり過ぎにより、肘に痛みが出る症状の事です。しかし、近年ゴルフやテニスを全くやった事がないという人でもゴルフ肘、テニス肘と診断される人が増えてきました。

 なぜ、全くスポーツをしない人がゴルフ肘やテニス肘になってしまうのでしょうか。今回は、肘の痛みについて一緒に考えてみたいと思います。

肘の痛みで多く聞かれるのは、肘の内側と外側の痛みです。医学的にはそれぞれ、「上腕骨内側上顆炎」、「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれています。それぞれについて、もう少し詳しく説明していきましょう。

hiji-naisoku-gaisokujyoukaen.jpg

上腕骨内側上顆炎は、肘の内側にある内側上と顆呼ばれる骨の出っ張り部分に痛みが生じる症状の事です。テニスをする人にこの症状が多い為、テニス肘と呼ばれています。この部分には、手首や指を伸ばす筋肉が多数付着しています。その為、手首や指を伸ばす動作を繰り返し行うと、この部分に炎症が起こり痛みを感じるようになります。
例えば、仕事でパソコンを使う人は多いと思います。パソコン作業は思っている以上に指や手首を酷使します。これらの動作を長年続ける事により、肘の内側の痛みを訴える人が増えています。

 一方、上腕骨外側上顆炎は肘の外側の出っ張り部分に痛みが生じます。上腕骨内側上顆炎をテニス肘と言うのに対して、上腕骨外側上顆炎はゴルフ肘と呼ばれています。この部分には、手首や指を曲げる筋肉が付着しています。この為、上腕骨外側上顆炎は手首や指を曲げる動作を繰り返し行う事が原因となります。ゴルフをしていなくても、指を曲げる動作を繰り返し行っていると、ゴルフ肘になってしまう事があります。

 テニス肘やゴルフ肘になってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。一番の治療は安静にする事です。安静にする事で炎症を抑え、組織の修復を促す事が出来ます。しかし、日常生活で手首や指を全く使わないでいる事は不可能でしょう。この為、痛みがある部位に負担をかけない様な工夫が必要となります。

 テーピングやサポーターは、痛みのある部分の負担を軽くする効果があります。その為、安静にする事が難しいという人はテーピングやサポーターを使用すると良いでしょう。

 もう一つ、症状を悪化させない為に出来る事があります。それは、患部のケアです。ストレッチは簡単に出来るケア方法の一つです。手首や指周りのストレッチを行う事は、患部を柔らかい状態に保ち、修復を早める効果があります。

また、手首周りの筋力を鍛えるトレーニングを行う事で肘への負担を軽くする事も出来ます。具体的な方法については、医師や整骨院等の専門家に指導してもらうと良いでしょう。

 痛みが強く、日常生活に支障が出ている場合は関節注射や手術療法を選択する場合もあります。しかし、テニス肘やゴルフ肘は保存療法で対応するのが一般的です。症状が軽いうちから、肘のケアに取り組む事が大切でしょう。
現在、肘の痛みがあるという人は、患部のケアをしっかり行い症状を悪化させない努力をする事が大切です

右肘だけでなく左肘の痛みがある方もご相談して下さいね。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!