翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 片方の手足の麻痺や痺れ

片方の手足の麻痺や痺れ

 片側の手足の麻痺や痺れが起こっている場合、脳卒中の可能性があります。
脳卒中は、脳の血管の病気で手足の麻痺や言語障害等の後遺症が起こる病気です。
日本の3大疾病の1つにもなっているので名前を聞いた事があるという人も多いでしょう。高齢者の病気というイメージがありますが、最近では比較的若年者であってもこの病気を患う人が多くなってきています。

nousotyu.jpg
画像:Dr.テレビたん

 脳卒中は早期に対応すればする程、その後の後遺症を軽くする事が出来ます。その為、脳卒中の前兆や対処方法を知っておく事は非常に重要と言えます。
今回は、脳卒中の症状や前兆について詳しく説明します。

  脳卒中には様々なタイプがありますが、大きく分けると2種類に分類できます。脳の血管が破れてしまう事で起こる脳出血と、血管が詰まってしまう脳梗塞です。今回は、脳卒中の主な原因である脳出血と脳梗塞について取り上げましょう。

 脳出血は急な意識障害が起こり突然発症するのが特徴です。主な原因は動脈硬化や高血圧です。その為、動脈硬化や高血圧を指摘されている人は脳出血になりやすいと言えるでしょう。また、くも膜下出血は発症と同時に急な頭痛を訴える人が多くいます。

頭痛は脳出血のサインです。激しい頭痛が突然襲ってきた場合は、すぐに救急車を呼び対応する様にして下さい。脳出血になってしまった場合、出血により圧迫された部位を取り除く事が必要になります。場合によっては手術を行う事もあるでしょう。

sick_noukousoku.png

 一方、脳梗塞の場合は徐々に症状が起こってきます。多くは、一過性脳虚血発作と呼ばれる症状が前兆として起こります。一過性脳虚血発作とは、脳の血流が一時的に低下する事で起こります。めまいやふらつき、片方の手足の麻痺や痺れ、呂律が回らない、視力が悪くなる等の症状が起こります。多くは数分程度、長くても24時間以内にこれらの症状は消失すると言われています。しかし、一過性脳虚血発作は脳梗塞の重要なサインです。一過性脳虚血発作が起こったら、すぐに病院に受診し脳梗塞の治療を受ける様にして下さい。

genngo-syougai.jpg

 一過性脳虚血発作から更に症状が進行すると、脳に栄養が行き渡らなくなり、脳細胞が死滅してしまいます。これが脳梗塞です。脳梗塞が起こった場合、早期に治療を行なう事で後遺症を減らす事が出来ます。一般的には薬や手術により血栓を溶かす治療が行われます。発症後3時間以内に血栓を溶かす薬を投与すれば、後遺症がなく帰宅出来るというケースも報告されています。

 また、脳梗塞には脳の血管自体に変性が起こり詰まってしまうタイプと、体の別の場所に出来た血栓が脳の血管を詰まらせてしまうタイプの2種類が存在します。心房細動等、心臓に病気がある人や、普段からあまり動く機会が少ない方は体に血栓が出来易くなります。また、夏場の暑い時期は脱水等により血流が悪くなり血栓が出来てしまう事もあるので注意が必要でしょう。

  脳卒中により、どの様な後遺症が残るのか気になるという人も多いでしょう。脳卒中により生じる後遺症は、脳が障害された部位によって決まります。多くは障害された脳の反対側の手足の麻痺が起こりますが、両側の手足に麻痺が起こる事もあります。その他にも失語症と呼ばれる、言葉が話せなくなる障害や、社会に上手く適応出来なくなる高次脳機能障害が起こる事もあります。この様な障害により、手足の麻痺が比較的軽度であっても社会復帰が困難となってしまうケースもあります。これらの症状は、適切なリハビリを行なう事である程度の改善が期待出来ます。主治医やリハビリテーションの専門家に相談しリハビリを行なう様にして下さい。

 また、当院でも訪問リハビリ・マッサージを行っており、ご自宅でリハビリを行うことも可能です。
詳細はご相談下さい。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!