翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 複数の関節の痛み(関節リウマチとは)

複数の関節の痛み(関節リウマチとは)

 外傷の既往がないのに痛みや腫れがあるなら、関節炎が疑われます。もしあなたが訴える関節の痛みや腫れが複数あり、片側だけでなく両側に見られるなら、それは関節リウマチの症状かもしれません。

 今回は、関節リウマチの症状や治療方法などをお伝えします。あなたが訴える痛みが関節リウマチかどうか、今回のコラムを読んで確認してみましょう。

 関節リウマチは、自己免疫疾患として知られており、関節などに炎症が起こり軟骨や骨が壊れる病気です。
自己免疫疾患とは、免疫の異常により、自分の免疫細胞が自分の身体を攻撃してしまう病気です。
原因不明と言われていますが、近年ウィルスや喫煙の関連も指摘されています。現在、日本には約70万人の患者がいると言われています。30代から50代の女性に多い病気ですが、若年者が発症するケースも珍しくありません。

関節リウマチの症状は、関節内症状と関節外症状の2種類に分けられます。

 関節内症状は、関節炎の症状の他に関節の変形や可動域制限、筋力低下などがあります。
関節の変形は、スワンネック変形やオペラグラス変形など特徴的な変形がみられます。症状が進行すると、頚椎の変形がおこることもあり装具を着用しなければならなくなります。これらの症状は両側に見られるのが一般的で、初期には手首や手指の比較的小さな関節に起こりますが、症状の進行と共に肩や股関節などの大きな関節にも現れるようになります。

kansetunaisyojyo.gif
画像:@

 関節外症状には、貧血や臓器の機能不全などがあります。関節の障害の他にも全身症状が見られるのも関節リウマチの特徴でしょう。

kansetugaisyojyo.gif
画像:A

 次に、関節リウマチの治療法について確認していきましょう。関節炎の症状が酷い場合、消炎鎮痛剤を使用したり、関節リウマチそのものの治療を目的とした抗リウマチ薬を服用したりします。薬物治療と同時に重要となるのがリハビリテーションです。リハビリテーションは、関節拘縮や筋力低下を予防して関節機能を維持する目的で行います。また、上肢の機能が障害されても日常生活が行えるように手すりや車椅子の改良も行われます。

  関節リウマチは進行性の疾患です。約3割の患者は1、2年で寛解しますが、半数以上の患者は、症状が良くなったり悪くなったりしながら徐々に進行していきます。症状が進行し関節破壊が高度になった場合には、破壊された関節を人工のものに取り替える人工関節置換術を行います。

関節リウマチは、精神的なアプローチも必要です。関節リウマチは関節の変型など見た目の変化も多く、抑うつ状態になってしまうケースも少なくありません。また、精神状態は関節痛にも影響を与えます。症状を落ち着かせて、抑うつ状態を改善させるために心理療法などを積極的に行っている所もあります。

関節リウマチの治療は現在も進歩しています。例えば、より効果の高い薬の開発も積極的に行われており、治療成績は格段に向上しています。効果の高い薬を使用することも大切ですが、早期から治療することで更に治療効果は高まるでしょう。そのため、関節リウマチの兆候を知っておき、早期診断することは重要と言えます。最後に、関節リウマチの兆候についてお伝えしましょう。

 関節リウマチの兆候は、手の指が硬くて曲げにくいといった朝のこわばりが特徴です。一般的に、関節リウマチでは、朝のこわばりが1時間以上続くと言われています。また、3つ以上の関節に炎症症状が見られる、左右対象に症状が起こっている場合は関節リウマチの可能性が非常に高くなります。これらの症状がみられるなら、すぐに整形外科や関節リウマチを専門に扱う病院へ受診するようにしましょう。

kanseturiumati-1.png


画像@A参照サイト:astellas絵で見る関節リウマチ

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!