翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 頚髄症による手指の痺れ

頚髄症による手指の痺れ

 痺れは神経に何らかの問題が生じた場合に起こるサインの一つです。神経は脳や脊髄等の神経細胞が集まる中枢神経と中枢神経からの全身に伸びる末梢神経とに分ける事が出来ます。このどちらが障害されても痺れが起こります。

keisuisyou2.jpg
画像:オフィスプラザ整形外科クリニック

 頚髄症は何らかの原因でこの中枢神経である脊髄が圧迫されて、障害が起こってしまう状態の事を指します。正しくは頚椎症性脊髄症と呼ばれます。脊髄を圧迫してしまう原因は幾つもありますが、椎間板の突出や靭帯や関節の変性により脊柱管と呼ばれる脊髄が通る穴が狭くなってしまう事によって起こります。

keizuisyou3.gif
画像:しんきゅうコンパス

人間の頭はボーリングの玉と同じくらいの重さがあると言われています。それを小さな首で支えているのですから、長年の姿勢等によって骨や関節の変形は容易に起こってしまう事は理解出来るでしょう。首の骨や関節が変形してしまった状態を頚椎症と呼びます。頚椎症により脊髄を圧迫してしまう事は誰にでも起こりうる可能性があります。

さて、頚髄症が脊髄の圧迫によって起こる症状だったのに対して頚椎症性神経根症と呼ばれる症状もあります。神経根症とは、末梢神経が圧迫された状態の事を指します。障害を受けた神経が末梢神経なのか、中枢神経なのかで症状は全く異なります。神経根症では痺れの部位が限局しています。例えば親指だけ痺れる、小指だけ痺れるといった場合は神経根症の可能性があります。一方、頚髄症の場合は場所が限局していません。全体的に手が痺れたり、足や身体等、手指以外の部位に痺れを訴える事が多くあります。

また神経の障害によって運動麻痺も起こります。これも神経根症との違いがあります。神経根症では、痺れの場合と同じ様に麻痺の部位も限局しています。腕を曲げる筋肉だけに力が入りにくい等と麻痺が限局しています。しかし、頚髄症の場合は症状の程度にもよりますが、広範囲に麻痺の症状が出現します。特に手指が上手く使えず箸が上手く使えない、ボタンがかけられない等といった巧緻動作障害と呼ばれる症状が現れます。また、足にも麻痺の症状が出現し、足が突っ張って歩きにくい、バランスを崩してよく転ぶ様になるといった症状が現れる事もあります。

keizuisyou1.gif

 ここまで頚髄症の症状について説明してきました。頚髄症では、神経根症と比べて予後が不良な場合が多く、手術を選択する事も少なくありません。5年以上の経過観察では全体の20%の人の症状が悪化し手術をする様になったという報告もあります。手術では、脊髄を圧迫している部分を切除する除圧椎弓切除術と呼ばれる方法を選択するのが一般的です。合併症も少なく手術時間も短時間で済む為、多くの頚髄症の患者さんがこの手術を受けています。

脊髄は一度損傷を受けると再び元の状態に戻る事は出来ません。その為、頚椎症の悪化を防ぐ事が頚髄症の予防に繋がります。手指が痺れる程度の症状であれば、脊髄の損傷が起こっている可能性は低くなります。適切な対応をする事で症状を改善させる事が出来るでしょう。では、どの様に頚椎症の予防を行う事が出来るのでしょうか。最後に頚椎症の予防法についてお伝えしましょう。

まず、手指の痺れや頸部の痛みがある際は、頚部を出来るだけ安静にする必要があります。特に首を後ろに曲げる動作は首の関節に負担をかけ、首の関節の変性を進行させる可能性があります。その為、出来るだけ首は動かさない様にする事が大切でしょう。痛みや痺れが楽になってきたら、症状を予防する為のトレーニングが重要になります。ここでは、首の筋肉を鍛えて筋肉をストレッチするエクササイズを紹介しましょう。まず、姿勢を正し、軽く顎を引きます。その姿勢を5秒程保ちゆっくり元に戻します。このトレーニングは頸部の筋力トレーニングになるだけでなく、首の関節に負担をかける原因となる筋肉のストレッチにもなる為、効果が高いトレーニング方法の一つです。

また、普段の生活習慣も大切です。特に日中パソコンやスマートフォンを多く使うという方は、正しい姿勢を身に付けると共に長い間同じ姿勢でいる事を避ける事も大切でしょう。

この様に、頚髄症は頸部の変性によって誰にでも起こりうる症状の一つです。いつまでも元気に過ごす事が出来る様に今から意識して取り組む様にしましょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!