翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

 現在、患者数が増加傾向にあり、2020年までには、全世界の死亡原因の第3位になると言われている疾患があります。それは慢性閉塞性肺疾患(以下COPD)と呼ばれる疾患です。COPDの原因の90%は喫煙です。
喫煙により有害物質を長期間吸い込み肺が破壊されてしまう事で起こる疾患です。最近、特に激しい運動をしたわけではないのに、息切れが起こったりする事はありませんか。それはCOPDの症状かもしれません。

kitunen.jpg

 現在、喫煙の習慣がある方は知っておきたい疾患の一つです。今回はCOPDの症状や治療方法、予後についてお伝えしたいと思います。

 COPDとは、呼吸器疾患の総称です。COPDに含まれる疾患には、肺胞と呼ばれるガス交換を行なう場所が破壊される肺気腫や、空気の出入り口となる気管支に炎症が起こり空気の出入りが悪くなる慢性気管支炎等があります。この様に肺のどの部位が破壊されるかによって症状や病名が異なっています。

haikisyu.png


kikansien.png
画像:COPD 肺気腫

 COPDに共通して見られる症状は労作時の息切れです。初期では、坂道や階段を上る等の動作で息切れが生じますが、重度になると日常生活で行なう軽い動作であっても息切れが生じる様になります。その他に肺気腫では、息を吐く際に努力が必要となる症状やバチ状指やビール樽状胸郭等、特徴的な症状が見られます。一方、慢性気管支炎では咳や痰の症状が常に見られる様になります。また、息をするときにヒューヒューといった呼吸音が聞かれる事もあります。

 これらの症状があるなら、早期から治療する必要があります。COPDは進行性の疾患です。この為、早期から適切な治療を行い、症状を進行させない事が重要でしょう。治療は主に禁煙、薬物療法、リハビリテーションが行われます。たばこを吸っている方は禁煙をする事から始めましょう。最近では、禁煙外来と呼ばれる禁煙をする為に作られた専門外来もあります。薬物療法では、空気を通りやすくする気管支拡張薬を使用し症状の改善を図ります。

 COPDの治療のもう一つはリハビリテーションです。COPDのリハビリテーションと言われてもイメージが湧きにくいかもしれません。しかし、リハビリテーションをする事で病気の進行を抑えたり、症状を軽くしたりする効果があり、非常に重要な治療の一つとして扱われる様になってきています。一般的には口すぼめ呼吸や複式呼吸等の呼吸法の習得や、呼吸をする筋肉を鍛えるトレーニング等が行われます。口すぼめ呼吸はロウソクの火を消すようにゆっくり息を吐く方法ですが、特に肺気腫等により息が吐けないという症状がある人には効果的な呼吸方法です。現在、この様な症状があるという方は是非試してみると良いでしょう。

 最後に予後についての話をしましょう。COPDになる事で癌や心疾患、骨粗鬆症等の合併症を併発してしまう可能性があります。COPDの死因の多くは合併症によるものです。更に、症状が進行し重度になってしまった場合、酸素吸入器を使用して酸素供給をする必要があります。酸素吸入器は寝ている間も付けていなければならず、外出時も専用のボンベを持って行く必要があります。
また、酸素吸入器を導入した人の生存率は非常に低いという報告もあります。この事からもCOPDの症状を進行させない事がとても重要であるという事が理解して頂けると思います。

COPDの原因は喫煙ですが、近年は副流煙を吸い続けた家族がCOPDを発症するというケースもあります。大切な家族を守る為にも今から禁煙を始めるようにしましょう。

kinen_heart01.gif

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!