翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 長く続くめまいを訴えるメニエール病とは

長く続くめまいを訴えるメニエール病とは

 めまいは多くの人が訴える症状の1つです。めまいを普段から訴えている人なら「メニエール病」という病気について聞いたことがあるかもしれません。メニエール病は30歳〜40歳代の女性に多く発症する病気です。突然、景色がグルグルと回りだすので大変な病気なのではないかとパニックになってしまう人もいますが、適切な治療を行うことで症状が改善します。一方で、あまりに頻繁に起こるので気にしないという人もいますが、中には重大な病気が隠されている場合もあり注意が必要です。さて今回は、メニエール病の症状や治療法、他の病気との鑑別方法などについてお伝えします。自分に起こるめまいの症状について正しい知識を身につけ、適切な対応が取れるようになりましょう。

メニエール1.gif
画像:大阪府医師会

 さて、メニエール病は内耳と呼ばれる部分の障害によって起こります。内耳は鼓膜の内側の部分を差し、平衡感覚を司る部分や音を感じる神経などがあります。内耳はリンパ液で満たされていますが、このリンパ液の量が増えて水ぶくれのような状態になるとメニエール病が起こると言われています。なぜ、リンパ液の量が増えるのか、その原因はまだ分かっていませんが、几帳面で神経質な性格の人に多く発症していることから、ストレスが関係しているのではないかと考えられています。

メニエール2.png

 メニエール病は、めまいの症状と共に難聴や耳鳴りといった聴覚症状も起こります。なかには、めまいと聴覚症状のどちらか一方のみが起こる場合もありますが、症状の進行と共にめまいと聴覚症状が同時に現れるようになります。
めまいには目が回ったように景色がグルグルと回りだす回転性のめまいと、ふわふわと感じる非回転性のめまいの2種類があります。メニエール病では、どちらのタイプのめまいも引き起こしますが、回転性めまいを訴える人が多いと言われています。また、めまいの持続時間にも特徴的があります。多くのめまいは、数秒や数分で症状が治まりますが、メニエール病は数十分、なかには数時間症状が続く場合もあります。他にも吐き気や嘔吐、冷や汗や顔面蒼白などの症状が現れることもあります。

 メニエール病は専門の医師であっても診断が難しいと言われています。聴覚症状を伴う回転性のめまいが長時間続くことや、それが反復して起こっている場合、メニエール病の疑いがあると診断されます。また、めまいは脳の障害によっても起こることがあるため、めまいを引き起こす他の疾患はないか注意深く検査が行われます。めまい症状の他に手足が痺れる、上手く歩けないなどの症状が現れている場合は、脳の病気である可能性があります。救急車を呼ぶなど緊急に対応するようにして下さい。

メニエール病は、適切に対処しないと徐々に重度化し、難聴になったり平衡感覚がとれなくなり、日常生活に支障をきたすようになります。そのため、適切な治療を早期に始めることが重要でしょう。めまいの症状を和らげる抗めまい薬や、過剰なリンパ液を減らす利尿剤などが用いられます。また、ストレスなどを和らげるために抗不安薬などを使用することもあります。めまい発作が重度となり、薬だけでは効果が得られない場合は手術が行われることもあります。手術では、過剰なリンパ液を取り出す手術や神経を切除する手術などが行われますが、聴力が悪化するリスクなどがあり積極的には行われません。

メニエール3.jpg
画像:http://iryou.chunichi.co.jp

メニエール病は薬を服用することに加え、普段のライフスタイルを改善させることも大切です。前述しましたが、メニエール病はストレスと非常に深い関わりがあると言われています。まずは、普段抱えているストレスを減らすことから始めましょう。仕事が肉体的、精神的にストレスになっているなら、仕事に制限を設けたり、事情が許せば長期に休みを取るなど、余裕のある生活を心がけるようにしましょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!