頚椎ヘルニア

肩こりに悩む人必見。頚椎ヘルニアの治療法とは

 肩こりで悩んでいる人は多いですよね。意外に感じるかもしれませんが、肩こりで悩むのは日本人だけです。外国には「肩こり」という概念がなく、肩こりになっていても気づいていないケースが多いそうです。肩こりもストレッチをしたり、お風呂に入って症状が改善すれば良いのですが、手足が痺れる、腕の方にも痛みが生じるなどの症状が現れたら要注意。あなたの肩こりは頚椎ヘルニアが原因かもしれません。今回は、頚椎ヘルニアとはどんな症状か、どのような治療法があるのかについて説明していきましょう。

 ヘルニアとは「本来あるべき場所から脱出する」という意味がありますが、整形外科でいうヘルニアは、椎骨と呼ばれる背骨の間にある椎間板から髄核というゼリー状の物質が飛び出て神経などを圧迫してしまう症状のことを言います。ヘルニアというと、腰のヘルニアを連想する人が多いですよね。なので、首にもヘルニアの症状が出ると聞くとビックリするかもしれませんが、腰椎と同様に頚椎にもヘルニアの症状が出ることがあります。30歳から50歳の男性に多いと言われていますが、ラグビーなど激しいスポーツをしていた方や、交通事故などで首の怪我をしたことがあるという人は頚椎ヘルニアになりやすくなるでしょう。

頸椎ヘルニア1.jpg

 では、頚椎ヘルニアになると、どのような症状が現れるのでしょうか。頚椎ヘルニアの主な症状は、痛みや痺れ、感覚低下や筋力低下などの神経症状です。神経症状はヘルニアにより圧迫された神経によって症状が異なるのが特徴です。親指だけ痺れる、肘を曲げる筋肉だけに力が入らないなど局所的症状が現れたら頚椎ヘルニアの可能性があります。圧迫されるのが神経だけなら良いのですが、脊髄が圧迫されてしまうと、手が上手く使えなくなる巧緻運動障害や、歩行障害、おしっこが出にくくなる、又は我慢できなくなる膀胱直腸障害といった症状が現れることがあります。このような症状が現れたら要注意。脊髄の圧迫を除去する手術を行うこともあります。

頸椎ヘルニア2.jpg

 一般的には頚椎ヘルニアの予後は良好です。初めは局所的な激しい痛みが現れますが、悪化例は少なく2〜3週間で症状が落ち着きます。多くの場合、4ヶ月程すれば症状が改善するでしょう。そのため、適切な治療を行いはやく症状を落ち着かせることが大切です。では、頚椎ヘルニアになってしまったらどのような治療を行うのでしょうか。頚椎ヘルニア初期は安静にすることが大切です。首を保護するために頚椎カラーと呼ばれる装具を装着します。頚椎カラーは安静にするために重要ですが、長く着用していると頸部の筋肉が萎縮してしまい、患部にかかる負担が大きくなってしまうことがあります。そのため、頚椎カラーを着用する期間について主治医と良く相談して決めましょう。

症状が落ち着いてきたら、頸部のマッサージや牽引などの理学療法を行います。痛みが強い場合には消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの投薬治療を行うこともあるでしょう。症状が落ち着いたら再発予防に務めましょう。頚椎ヘルニアの原因は、頸部へ負担がかかりすぎることにあります。負担を軽くするために首周りの筋肉を鍛えましょう。最後に首の筋肉を鍛える方法を1つ紹介します。まず、姿勢を正して座ります。その状態で、顎を引き、顎を引いた状態を5秒程度保ちましょう。このようにすることで首の筋肉を鍛え、再発予防となります。頚椎ヘルニアの痛みは非常に辛いものです。症状がなくなると何もしなくなってしまう人が多いですが、症状が治まってもリハビリに励むようにしましょう。

画像:古東整形外科・内科

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!