めまい

めまいの原因や対処方法について知っておこう

めまいで悩む人は全国に1000万人いると言われています。めまいはストレス病とも言われ、ストレス社会となっている現代では、年々患者数は増加している症状とも言われています。そんな「めまい」ですが、様々な原因があることから対象方法も様々です。

また、めまいは継続的な治療が必要であり、上手く付き合っていくことも重要です。そこで、今回はめまいの種類やめまいとの上手な付き合い方、更に気をつけなければならないめまいについてもお伝えします。

 めまいには大きく分けると「回転性めまい」と「不動性めまい」の2種類の症状が存在します。回転性めまいとは、景色がグルグルと回ったように感じるめまいのことで、めまいと共に、耳鳴りや音が聞こえにくいなどの症状も起こります。回転性のめまいの多くは、耳が原因で起こります。

最も多い原因は、良性発作性頭位めまい症で、回転性めまいの約半数がこの病気であると言われています。このような症状が見られたら耳鼻科で診てもらうと良いでしょう。

 一方、不動性めまいはフワフワ、クラクラなどと表現されるめまいです。立ちくらみなども、不動性めまいの一種でしょう。不動性めまいでは、血圧が低いため、脳に十分な血液が行かないために起こる起立性低血圧や貧血などが主な原因です。不動性めまいは脱水や栄養不足などで起こることも多く、食生活の改善で症状が軽くなる場合も多くあります。

 しかし、注意しなければならないめまいもあります。それは、めまい症状と共に意識がもうろうとする意識障害や、手足が痺れる、動かしにくいなどの神経症状が見られる場合です。このような症状は脳に何らかの障害が起こっているサイン。すぐに脳神経外科など脳の状態が調べられる病院で調べてもらうと良いでしょう。また、脳に血液を送る血管に障害がある場合や、心臓や肺などの循環器と呼ばれる臓器に障害がある場合もめまいの症状が起こります。めまいの症状の他に普段と違う症状があれば、重大な病気が隠れているサインかもしれません。すぐに病院で検査してもらいましょう。

 一般的に、めまいは投薬治療が中心となりますが、めまいの薬も原因によって様々です。めまい自体に働きかける薬もあれば、抗不安薬など精神を落ち着かせる薬が出されることもあります。原因が脳腫瘍などの場合、手術が行われることもありますが、神経麻痺などの合併症もあるため、手術は慎重に決定する必要があるでしょう。

めまいの症状で悩んでいる人は、すぐにこの症状を何とかしたいと感じているでしょう。しかし、めまいの症状は一朝一夕で良くなるものではありません。そのため、めまいと上手に付き合う方法について学び、日々実践する必要があります。めまいの症状を軽くする、または出来るだけ起こさないようにするには、普段の生活習慣が重要です。栄養バランスを考えた食事、早寝早起きを意識するなど、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。また、お酒やタバコはめまいを引き起こす原因となりますので、ストレスを貯めない程度に控えるようにして下さい。最後に、ストレスですが、ストレスを貯めない生活を心がけることも非常に大切です。毎日忙しく生活されている方も、少しで良いのでリラックスした時間を取り分けるようにして下さい。

では、めまいが起こってしまったらどうしたら良いでしょうか。めまいが起こったら、めまいが落ち着くまで安静にしましょう。頓服薬が処方されている場合は、処方薬を飲むことで症状が落ち着きますので、早めに服用するようにして下さい。いつもと違うめまいが起こった場合は、先程お伝えしたように重大な病気の可能性があります。注意しなければならないめまいの症状に当てはまるなら、すぐに病院を受診するようにしましょう。
memai01.jpg

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!