翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 産前・産後の腰痛について

産前・産後の腰痛について

妊娠中や妊娠後に腰痛を訴える人は多いですよね。特に産後の腰痛は、慣れない育児もあり辛いものとなります。今回は、産前・産後の腰痛を少しでも緩和するための方法についてまとめました。是非、今回のコラムを参考にしてストレスフリーで育児をしましょう。

ninnpu.jpg


まず、産前・産後腰痛がなぜ起こるのか、その原因についてお伝えします。
出産時は、赤ちゃんを子宮から体外に出す必要がありますよね。ヒトはお産が近づくとリラキシンと呼ばれるホルモンを出し骨盤をゆるめます。その為、妊娠中や出産直後に骨盤が歪みやすく腰痛が起こりやすい状態になってしまうのです。更に、産後は抱っこやおんぶ、授乳など腰に負担をかける動作が非常に多くあります。気を付けていれば良いのですが、育児に追われていると自分の身体を気遣う余裕もなく、腰痛が慢性化してしまうこともあるでしょう。

では、産前・産後の腰痛から自分を守るために出来ることは何でしょうか。今回は3つの方法を紹介します。

1つ目は骨盤ベルトの使用です。骨盤ベルトは、骨盤の歪みを矯正するのに役立ちます。骨盤ベルトは妊娠中も安心して使うことが出来ます。専用の骨盤ベルトも売っているので妊娠初期から使用して骨盤のケアを始めると良いでしょう。

ninsintyu.jpg

 産後も骨盤ベルトを使用出来ますが、産後すぐに着用してしまうと悪露が出にくくなるなどの悪影響も。産後に骨盤ベルトを使用する場合は、産婦人科医に相談してから着用して下さい。

sango.jpg

 また、骨盤ベルトに頼りすぎないようにするのも大切なことです。
次にお伝えするトレーニングを行って骨盤ベルトを外す努力もしましょう。

 では、どのようなトレーニングが必要なのでしょうか。骨盤が歪んでしまっても、骨盤が正常な位置にあれば腰痛にならずに済みます。骨盤を正常な位置に保つために、インナーマッスルを鍛えましょう。

fukuoukin.jpg

インナーマッスルを鍛えるには「ドローイン」がお勧め。ドローインとは、息を吐きながらお腹を意識的に凹ましてインナーマッスルを鍛える方法です。妊娠後期や出産直後は、運動時間を確保するのは大変です。比較的動きやすい妊娠初期にしっかり鍛えておくと良いでしょう。最近では、産前や産後に行うヨガやピラティスなども人気です。ヨガやピラティスもインナーマッスルを鍛えるのに効果がありますよ。

産前・産後の腰痛を軽減する3つ目の方法は、生活環境の工夫です。産前は、腹部が大きくなるにつれて腰が反り返ってしまいます。このため腰が反りやすくなる立位の姿勢は出来るだけ控えて、何か作業をする際は座って行うようにしましょう。また、産後は授乳クッションを使用すると、授乳の際に楽な姿勢を保てるので腰の負担を軽く出来ます。

実際に、腰痛で悩んでいるという人も多いですよね。では、産前・産後に腰痛になってしまったらどうしたら良いのでしょうか。産前・産後の腰痛は筋肉の使い過ぎが原因。筋肉が原因の痛みにはストレッチが効果的です。腰を屈めたり、伸ばしたり、ねじったりすることで血流が改善されて腰痛を軽減出来ます。その際に、無理に動かしたり伸ばしたりすると骨盤の歪みが酷くなることも。無理に動かさず、心地よいと感じる程度にゆっくり動かすようにしましょう。

このように産前・産後の腰痛を軽減するには、妊娠初期からのケアが重要です。妊娠中は赤ちゃんのことばかりに目がいってしまいますが、妊婦さんの身体のケアも忘れずに行うと良いですよ。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!