翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 肘から小指、薬指の痺れ(肘部管症候群)

肘から小指、薬指の痺れ(肘部管症候群)

痺れの症状は神経が問題で起こります。今回は肘から小指、薬指が痺れるといった症状があるケースについて考えてみましょう。肘から小指、薬指に痺れがある場合、尺骨神経が障害されていることが考えられます。尺骨神経とは、感覚や運動を司る、腕の中では大きな神経の1つです。尺骨神経の一部は骨や筋肉に守られていない部分があり事故や怪我などにより損傷を受けやすい神経としても知られています。

手の画像.jpg

尺骨神経が障害されると、痺れの他に知覚障害や運動障害が起こります。尺骨神経は小指と薬指、また小指側の手のひらなどの感覚を担当しています。そのため尺骨神経が障害されると、上記の部分だけ感覚が鈍くなったと感じます。また、尺骨神経領域の運動障害では、指を横に開いたり閉じたりする内外転と呼ばれる動きが出来なくなり、ポケットに手を入れる際に小指や親指が上手く入らない、親指と人差し指で紙などを挟む力が弱くなるといったことが起こるようになります。更に、筋肉が萎縮してしまうと、指の先端が常に曲がったようになる鷲手変形と呼ばれる特徴的な所見も見られます。

 しかし、事故や怪我をしなくても、尺骨神経が障害されてしまうケースもあります。肘部管症候群がその1つです。肘部管症候群とは、肘の内側にある肘部管と呼ばれる管が細くなり尺骨神経を圧迫してしまった状態を指します。

chyubukan-syoukougun.jpg

 なぜ肘部管で神経を圧迫してしまうのかと言えば、変形性肘関節症による肘の変形が原因の大半を占めています。特に腕を良く使う仕事をしている人に多く発症し、聞き手に多いと言われています。また、骨折などの外傷時には症状がなかったのに、骨折による肘関節などのズレから後になって神経を圧迫してしまうケースや、寝ている姿勢が悪く肘部管を長い時間圧迫してしまったことにより症状が出てしまうケースもあります。

 肘部管症候群は、頚部の疾患との鑑別が重要となります。手の痺れや運動麻痺といった症状は頚椎ヘルニアや脊髄神経孔の絞扼といった頚椎の問題でも起こることがあるからです。また、頚椎の問題があると、神経が過敏になりわずかな圧迫でも症状が出てしまうことがあることがあります。その為、肩こりや首の痛みがあるという人は首のケアも重要となります。このような原因の特定にはレントゲンやMRIといった画像診断が良く用いられます。また、確定診断をするために場合によって神経の働きを調べる電気生理学的検査が行われる場合もあります。

tyubukan-syoukougun.png

 神経症状が軽い場合は保存療法で対処します。具体的には肘の安静、非ステロイド性抗炎症薬の投与などが行われます。時間の経過と共に、握力などの回復、痺れや感覚の低下している部位が限局してくるといった場合は症状の改善を意味していますので保存療法で様子を見ても良いでしょう。

 しかし、肘部管症候群の多くは手術が基本となります。なぜなら、神経症状を早く改善しないと手遅れとなってしまう場合もあるからです。手術は神経を圧迫している部位を切除して圧迫を取り除く切除術や、神経を肘部管以外の所に移動させる尺骨神経前方移行などが行われます。筋肉の萎縮が起こる前に手術を行えば予後は良いと言われています。手術と聞くと、どうするか悩んでしまう人もいますが、出来るだけ早く手術をした方がその後の回復は早くなります。

 肘部管症候群は、予防が可能な症状です。力仕事をしている方やスポーツをしている方などは、しっかり肘のケアを行うようにしましょう。最も簡単に出来るケアはストレッチです。肘には手首や指先を動かすための筋肉が沢山あります。そのため、肘だけでなく、手首や指先のストレッチも行うようにしましょう。そして、痺れなど少しでも異変があると感じたならすぐに病院を受診して検査してもらいましょう。このように肘部管症候群にならないためには、日々のケアを積み重ねることがとても重要ですよ。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!