成長痛

 成長痛という言葉を聞いたことがあるでしょうか。あなたも子供の頃、体の痛みを訴えた時に、「それは成長痛だよ」と言われたことがあるかもしれません。しかし、成長痛って医学的にしっかりとした定義がないってご存じでしたか。多くの人は成長痛だからといって、病院に行ったりしませんよね。しかし、成長痛だと思って放っておいたら、いわゆる成長痛ではなかったために症状が悪化してしまったというケースもあります。今回は、成長痛について一般的な症状や対処方法、注意したい症状などについてお伝えします。あなたのお子さんが突然痛みを訴えた時に適切に対処できるように成長痛について知っておくと良いですよ。

seityoutu1.jpg

 まず、先ほども述べましたが、成長痛は医学的な定義が存在しません。成長期の子供に突然発症し、骨や他の組織に器質的な異常が見られない場合に成長痛と診断されます。一般的には3歳から10歳前後の幼児期に起こる下肢の痛みとして知られています。

 膝や股関節、足首などお子さんによって訴える部位は様々ですが、膝や踵といった部位の痛みを訴えるケースが多いと言われています。症状が起こる時間帯にも特徴があり、夕方から夜にかけて突然痛み出しますが、多くは30分から1時間程度で症状が治まります。なかには歩けないほどの痛みを訴えるため心配する親御さんもいますが、朝になると何事もなかったように痛みがなくなります。

 なぜこのような症状が起こるのか、医学的な原因は分かっていませんが、現在2つの理由が考えられています。

 1つは、筋肉痛や疲労感といったもの。子供のうちは、筋肉痛や疲労感というものを上手く伝えることが出来ません。そのため、成長痛のような症状として訴えているのではないかと考えられています。

 もう1つは心因性のものです。子供といえども環境の変化などに多くのストレスを抱えています。そのようなストレスが成長痛として表れているのです。

 では、あなたのお子さんが成長痛を訴えたらどうしたら良いのでしょうか。筋肉痛や疲労に対しては、安静が1番です。とにかく安静にして様子をみましょう。ストレッチをしたり、お風呂に入って温めるのも効果があります。更に、市販の湿布薬などを使用しても良いかもしれません。

 上記に加えてメンタルケアも重要です。普段、甘えられない子供が成長痛を訴えることで甘えようとしているのです。そのため、成長痛を訴える子供を突き放したりしてはいけません。お子さんが痛いと訴える場所をやさしく撫でたりすることで症状が和らぐ子供もいますよ。

 このように成長痛は一時的なものなので、病院に行かなくても対処できます。しかし、放っておいてはいけない症状もありますので、成長痛との鑑別について知っておきましょう。まず、成長痛は器質的な異常がないというのが特徴となります。そのため、患部の腫れや発赤、熱感といった症状は見られません。もし、これらの症状が見られたら患部が炎症を起こしていサインですので、出来るだけ早く病院を受診して下さい。

 成長痛と混同しやすい症状として骨端症と呼ばれているものがあり、代表的なものにオスグット病やシンスプリントなどがあります。子供の骨は、大人と比べて構造的にもろいため、スポーツなど繰り返しのストレスにより筋肉の付着部に炎症を起こしてしまうのです。炎症症状のある子供にストレッチや温めるといった対処方法を実践してしまうと症状が悪化してしまうことも。炎症症状がある場合は、冷やすことで症状治まりますので覚えておきましょう。

オスグッド病
seityoutu2.png
シンスプリント
signsprint.jpg


このように成長痛と混同しやすい症状をしっかり頭に入れておくと、子供の訴える痛みに正しく対処出来るようになりますよ。特に子供の頃からスポーツをさせているという親御さんは、成長痛以外に考えられる症状はないか常に頭に入れておくと良いでしょう。素人判断で対処せず、心配であれば整形外科病院や治療院などで診てもらって下さいね。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!