神経痛とは

 神経痛とは、神経が原因で起こる痛み。あなたも、坐骨神経痛なんて言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、「神経痛って何?」「どうして起こるの?」と聞かれると分からないですよね。今回は、神経痛とは何か、どうして起こるのか、起こってしまったらどうすれば良いのかについてまとめました。

神経痛とは.jpg

 まず、神経について少し説明しましょう。神経は脳や脊髄といった中枢神経と、そこから延びる末梢神経とに分けられます。何らかの原因により、この末梢神経に問題が起こると神経痛の症状が表れます。神経痛の症状は様々で、ビリビリ、ジンジンといった電気が走る痛みとして感じる場合もあれば、体が燃えたようになる灼熱痛として表現される場合もあります。いずれの場合も、鋭い痛みを訴えます。また、痛みの部位が限局しているのも特徴。例えば筋肉痛などは、肩が広範囲に痛くなりますが、神経痛の場合は範囲がはっきり分かる場合が少なくありません。

 神経痛は神経の障害ですから、痛みの他にも症状がある場合があります。例えば、感覚低下や筋力の低下などの症状です。それぞれの神経には担当する感覚領域や筋肉があるので、これらの症状を統合すれば、どこの神経に障害があるのかは、ある程度判断出来ます。神経痛は、障害を受けた神経の名前をとって表現されることが多いですが、特に「三叉神経痛」、「肋間神経痛」、「坐骨神経痛」といった神経痛が有名です。

3つの神経痛画像.jpg

 ここまでで、「神経痛とは末梢神経の障害である」というのは理解出来たでしょう。ここからは、なぜ末梢神経が障害されてしまうのか、その原因についてお伝えします。多くは、末梢神経が圧迫されることによって起こります。末梢神経は骨の溝や筋肉の間を通って体中に張り巡らされています。そのため、関節がズレたり、筋肉が硬くなったりすると神経が圧迫されてしまうことがあります。また、ヘルニアや腫瘍といった外部の圧迫の可能性もあるので、このような原因を特定するためにCTやMRIといった画像診断を行うこともあります。

 神経痛の治療の中心は薬物療法です。症状を抑えるための薬を内服しますが、痛みの症状が強い場合は、神経ブロック注射という麻酔薬を注射することもあります。薬物治療は症状そのものを抑える効果はありますが、原因となる神経の圧迫を取り除くことは出来ません。そのため、神経痛の予防方法について知っておくのは良いことでしょう。
他の神経痛の治療法には整骨院などでの鍼灸治療も有効です。

鍼治療.png

 神経痛の再発予防にはリハビリが重要。リハビリを行うことで、圧迫の原因となる筋肉や関節のズレ、姿勢の歪みをを治すことが出来ますよ。例えば、筋肉の圧迫が問題の場合、ストレッチなどを行うと圧迫が解消されて症状が緩和することがありますし、正しい姿勢を意識することで関節のズレを治せます。しかし、闇雲に行うと症状が悪化してしまうことがありますので、必ずリハビリを専門としているセラピストや医師に運動方法を確認してから行って下さい。

 また、肋間神経痛や三叉神経痛などはストレスが原因で起こるとも言われています。ストレスを溜めない、身体を冷やさないといった工夫が出来るかもしれません。

 神経痛は、慢性化してしまうと原因を取り除いても痛みを取り去ることが難しくなります。また、痛みが続くことで不眠となり悪循環を招く危険も。放っておかず、おかしいなと気づいたら早めに対処するようにしましょう。

 

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!