手根管症候群

手根管症候群とは、中年の女性に多い病態です。手根管とは、手首を構成する手根骨と呼ばれる骨と屈筋支帯という靭帯で囲まれたトンネルのことで、ここに正中神経と9つの筋肉の腱が走っています。何らかの原因で正中神経が圧迫されてしまうと、手指のしびれや痛み、運動障害を引き起こします。

syukonkansyoukougun.jpg

 手根管症候群は、妊娠や出産前後、また更年期などでホルモンバランスが乱れた時に症状が起こりやすいと言われています。ホルモンバランスが崩れると腱が浮腫み正中神経を圧迫しやすくなります。これに加えて、手首を使いすぎる動作を続けていると手根管症候群が引き起こされます。反復して同じ作業をする事務員や手作業をするような仕事をしている方は要注意です。

syukonkan-syoukougun2.jpg

 このように正中神経が圧迫されると主に3つの症状が引き起こされます。1つは「痺れ・痛み」。初期の症状では、正中神経の支配領域である人差し指と中指に起こりますが、酷くなるにつれて親指や薬指にも痺れが広がってきます。また、痺れや痛みは朝方に強くなる特徴がありますが、手首を振ったりして少し動かすと痛みが楽になります。これらの部分に痛みや痺れが起こったら、手首を振って対処しましょう。2つ目は「知覚障害」。知覚障害とは、感覚が鈍くなる障害で、痺れや痛みの範囲と同様の部分の感覚低下が起こります。3つ目は「運動障害」です。正中神経が障害されると、親指の筋肉の麻痺が起こるため、人差し指と親指で綺麗な丸が作れない、人差し指と親指で上手く挟むことができなくなります。これは、「ティアドロップサイン」、「フロマン徴候」と呼ばれて、手根管症候群の重要なサインとなります。

 また、「ティネル徴候」や「ファレンテスト」も手根管症候群を鑑別するのに有効なテストです。ティネル徴候とは、正中神経の走行部位である手のひら側の手首を軽く叩くと、痺れや痛みが引き起こされるものです。このティネル徴候は神経に圧迫や損傷などの障害が起こっている時サインとなります。手指の痛みや痺れなどがある際に神経が問題なのかどうかを鑑別するのに役立ちますので覚えておきましょう。ファレンテストは、両方の手の甲をくっつけて1分程経つと手指の痺れや痛みが引き起こされるか確認するテストです。家庭でも出来る簡単なテストですので、手根管症候群かどうか気になる方はこれらのテストを行ってみると良いでしょう。

syukonkansyoukougun-testo.gif

 もし、これらのテストが陽性となったら整形外科を受診しましょう。手根管症候群は保存療法が基本。初期の手根管症候群では、装具療法が有効です。シーネと呼ばれる装具を使い手首の安静を保ちます。また、消炎鎮痛薬やビタミン剤などの服用、ステロイド剤の関節注射も一般的によく行われる治療法です。
保存療法で改善が見られず、母指球の委縮など麻痺の症状が顕著に表れている場合は手術療法が適応となります。手術と聞くとためらってしまう人もいまうよね。しかし、最近では、内視鏡手術など最小限の侵襲で済む手術方法も多くあります。手術療法を行った方の90%もの人が職場復帰をしていますので、早期に手術を選択しても良いかもしれませんね。

 このように手根管症候群は、手指の痺れを引き起こす症状としては良くある症状の1つ。自分でチェックして、症状がひどくなる前に対処しましょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!