翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 背部(肩甲骨の間)の痛み

背部(肩甲骨の間)の痛み

背部の痛みを訴える人はあまり多くないイメージがありますが、現代人の9割は背部痛があるというデータがあります。背部痛は、「背中がちょっと張っている」、「何となく背中が痛い」といった程度の症状のことが多いのでそのように感じるのかもしれません。しかし、背部痛は重大な病気が隠されていることも注意が必要です。今回は、背部痛の痛みの付き合い方についてお伝えします。

背部(肩甲骨の間)の痛み.jpg

 一般的な背部痛は、背中の筋肉や組織に負担がかかり過ぎることが原因。このような状態を筋膜性疼痛症候群と呼んでいます。筋膜性疼痛症候群とは、同じ部位に繰り返し起こる負担が積み重なって筋肉が自己回復できなくなった状態で、強い痛みや痺れを引き起こすこともあります。また、肋間神経痛や椎間板ヘルニアも背部痛を引き起こします。肋間神経痛や椎間板ヘルニアの場合、背中をひねる、曲げるといった際に強い痛みを引き起こすのが特徴です。基本的には安静にしていることで症状が改善しますが、強い痛みが続くといった場合は整形外科やペインクリニックを受診すると良いでしょう。

 このような整形外科領域が原因で起こる背部痛に共通しているのは、普段の姿勢や身体の使い方が根本原因となっているということ。そのため、普段の姿勢や身体の使い方について考え直す必要があるでしょう。背部痛を訴える多くの人は、猫背の姿勢が多く見受けられます。あなたの普段の姿勢を思い浮かべてみて下さい。顎を突き出し、背中を丸めた姿勢でパソコン作業をしていませんか。このような姿勢が長く続くと、筋膜性疼痛症候群や椎間板ヘルニアに悩まされてしまうのです。

02_illust_pc.gif

 座位の良姿勢は、肩峰と呼ばれる肩の付け根と、大転子と呼ばれる股関節の付け根が一直線になっているのが理想です。しかし、丸まった背中をまっすぐにするだけでは、良い姿勢にはならないことが多くあります。なぜなら、首や腰の骨の位置が悪いと背中も一緒に丸まってしまうからです。最も多い不良姿勢は、顎を前に突出した姿勢。自分の耳たぶが肩の付け根である肩峰より前に出ている人は、首の不良姿勢も矯正する必要があるでしょう。首の位置を矯正するには、耳たぶと肩峰が一直線になる所まで顎を引き、その状態を10秒程保つトレーニングがお勧め。このように良い姿勢を常に意識していると背部痛は自然に改善していきますよ。

shisei-good_bad.jpg

 冒頭でもお伝えしましたが、背部痛のなかには放っておいてはいけない痛みも存在します。ヒトの身体は、内臓の異変を身体の表面の痛みとして伝えることがあります。例えば、大動脈解離と呼ばれる死に至る可能性がある重大な病気も、筋肉痛に似た背中の痛みとして知覚される場合があります。先ほどお伝えした筋膜性疼痛症候群や椎間板ヘルニアは長時間同じ姿勢を取っている時などに症状が強くなることが一般的で、安静時には痛みが軽くなります。しかし、内臓など身体の内側に異変がある場合は、安静にしている時でも強い痛みを引き起こすことが特徴です。このように寝ている時や、何もしていないのに背中が痛むという方は、内科を受診し身体の内部に異変がないかチェックしてもらいましょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!