関連痛とは

 今回のテーマは、関連痛について。早速ですが、痛みは身体の異変を伝える感覚です。骨折するとその部位に痛みを生じたり、胃もたれになるとお腹が痛くなったりするのは、その部位に異変があることを痛みによって身体に伝えているからです。しかし、その部位には一切異変がないのにも関わらず痛みを生じることがあります。

 例えば、心臓何らかの異変が起こると、左肩や奥歯が痛くなることがあります。しかし、肩や歯を調べてみても異変は何も見つかりません。このように、痛みがある部位には全く問題がないのに、身体の他の部位の異変を伝えるために痛みを引き起こす現象を関連痛と呼びます。

関連痛.jpg

 関連痛のメカニズムについて少し説明しておきましょう。

 痛みの感覚は脊髄の後根と呼ばれる所を通り大脳皮質の感覚野に運ばれます。この感覚を伝える経路を上行性伝導路と呼びます。痛みを伝える経路は全て決まっているのですが、内臓の痛みを伝える経路と、身体の表面の痛みを伝える経路が同じ経路の場合、脳がどちらの異変か分からず勘違いしてしまうことがあります。これが関連痛のメカニズムです。

腎臓に病気があっても腰痛として感じてしまうのは、腰自体の異変を感じる神経と、腎臓の異変を伝える経路が同じだからです。整形外科で腰には異常なしと診断されたのに、いつまでも痛みが続くという方は要注意。一般的に整形外科では、筋肉や関節、骨といった運動器と呼ばれる部位の診察しか行いません。あなたの腰痛が関連痛であれば、レントゲンで腰の検査をしても異常は見つからないのです。

 肩や腰の痛みが長引いている方や、整形外科などの病院に行って「異常なし」と言われた方は、関連痛のパターンを覚えておくと良いでしょう。

 ここで、関連痛のパターンを幾つか紹介します。心臓に異変がある場合、左肩が痛くなると言われています。また腎臓であれば上位腰椎周辺、膵臓に異変があれば背部に痛みを生じます。このように、内臓によってどこに痛みがあるのかを知っておくと腰や肩が痛くなった時に意識できるようになりますが、ここで紹介したパターンにも個人差があるので参考程度に留めておいて下さい。しかし、ここで1つ問題が。それは、この痛みが内臓からのものなのか筋肉や関節からの痛みなのか鑑別するのが難しいという点です。医師でも間違えてしまうこともあるため、一般の人が鑑別することは難しいでしょう。鑑別するのに重要なポイントは「いつ・どのように痛くなるか」という情報です。筋肉や関節に痛みがある場合なら動かすと痛くなりますが、安静にしていれば痛みは楽になります。

 一方、内臓が問題の場合、安静にしていても痛みがあるという違いがあります。このように、病院に行く前に「いつ・どこで痛くなるか」ということを事前に調べておいて診察の時に医師に伝えるようにすると、運動器の問題なのか、内臓からの関連痛なのか鑑別してもらえるかもしれません。正確な診断には、患者である私たちの協力が不可欠。正確な情報を医師に伝えるように心がけましょう。また、整形外科で異常なしと言われても痛みが続くようであれば、内科など診療科を変えてみると原因が見つかる場合もありますよ。重大な病気が隠れている場合もあるので、少しでも気になったら病院で調べてもらいましょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!