翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 男性、女性の更年期障害とは

男性、女性の更年期障害とは

 更年期障害というと中高年の女性がかかるものというイメージがあるかもしれませんが、最近は男性でも更年期障害に悩まされる人が増えているのをご存知でしたか。更年期障害を軽く考えている人も多いですが、更年期障害は立派な病気。専門外来などによる治療法も確立されているので「年のせい」で片づけずに病院を受診するようにしましょう。今回は、更年期障害の原因やチェック項目、治療法などについてお伝えします。

男性、女性の更年期障害とは.jpg

 更年期障害とは、性ホルモンの量が減少することで起こる身体の不調のことです。女性は、閉経によりエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの量が減少することが知られていますよね。このため、閉経を挟んだ約10年間は女性ホルモンの量が低下し、様々な体の異変が起こります。一方、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、20代をピークに徐々に量が少なくなっていきます。それに加えて、ストレスや寝不足、暴飲暴食などの悪い生活習慣により男性ホルモンの分泌量が更に低下すると、30代や40代といった比較的若い世代であっても更年期障害に悩まされてしまうことがあるのです。

 では、更年期障害になるとどのような症状が現れるのでしょうか。次に更年期障害の症状について整理してみましょう。男性の更年期障害に特徴的なのは性障害。具体的には、EDや性欲の減退などがあります。それに加えて、疲れやすくやる気が起きないといった精神障害や、肩こり腰痛などの症状があれば、それは男性ホルモンが低下しているサインかもしれません。

 一方、女性の更年期障害というと、イライラや憂鬱な気分に悩まされるといった気分障害をイメージされますが、それはほんの一例。自律神経症状を引き起こし、急にのぼせたような状態になり大量の汗をかくホットフラッシュと呼ばれる症状が現れたり、冷え症が悪化したりします。また、性ホルモンの減少は血圧の上昇や内臓脂肪の増加を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなると言われているので要注意。男性であっても女性であっても症状の表れ方には個人差があるので、少しでも気になるという方は病院を受診し検査を受けると良いでしょう。

 最後に更年期障害の治療法についてお伝えしましょう。更年期障害の治療は薬物療法が中心。性ホルモンを補充するホルモン補充療法は更年期障害の根本治療として注目されている治療法ですが、不正出血や食欲不振、頭痛や吐き気といった副作用があります。また、乳がんや糖尿病、高血圧の症状が悪化してしまう可能性があるので、これらの病気が既往にある人は主治医と相談し慎重に使用して下さい。副作用が気になるという方は、漢方薬の内服がお勧め。効果はゆるやかですが、副作用も少なく安全に使用することが出来るでしょう。また、男性ホルモンは正しい生活リズムを作ることで分泌量が高まります。食事、睡眠、運動といった基本的な生活習慣を整えるように意識することも重要ですよ。

 更年期障害というと、人生を損してしまうような気持ちになる人もいますよね。しかし、これからの人生をより良く生きるための充電期間と考えてみるのはいかがでしょうか。このように少し立ち止まって病気と向き合う時間は、きっとあなたの人生を豊かにしてくれますよ。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!