翔鍼灸整骨院 HOME > 腱周囲の腫れ

腱周囲の腫れ

【 腱周囲の腫れの主な原因 】

  • パソコンを一日中扱う
  • 赤ちゃんを抱っこする
  • 長時間手を動かす仕事をしている

など、長時間手指を酷使して腱周囲の腫れになるケースが多いです。
長時間手指を酷使することで、本人の持ってる筋力に対して、大きな負担が長い時間加わって炎症が起こってしまうのが原因です。

【 腱周囲の腫れの主な症状 】

  • 手・指・腕がだるくなる
  • 動きにくくなる
  • 痛くなる
  • しびれる
  • 腫れている

このような症状がよく起こります。
特に手のひら、甲、指を押してみたり、曲げ伸ばしをしたときに鈍い痛みを感じることもあります。関節の曲げ伸ばしの時にカクカク音がなる場合も注意が必要です。

【 当院の腱周囲の腫れの施術方法 】

【1】痛みがある部分に医療レーザー。
【2】血流をよくするため患部から遠位の肩や肘へのマッサージ。
【3】テーピングやサポーターによる固定。

【 院長の考え方 】

手をよく使う女性に多いのが特徴です。
特に手首の親指側が痛む場合の腱周囲の腫れをドゥ・ケルバン病、また、各指で弾発現象といって指を伸ばすと戻らなくなる症状をバネ指・弾発指といいます。

これらは腱が指の付け根の腱鞘という通り道を通る際、腱の周囲で炎症が起こり腱が引っかかってしまう為におこる症状です。
施術法は指をなるべく使わないようにする事。サポーターなどで固定するとよいでしょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!