翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 交通事故によるムチウチ症

交通事故によるムチウチ症

 ムチウチ症は医学的には外傷性頸部症候群、又は頚椎捻挫と言われています。
ムチウチ症は交通事故等で、急激な力が働いた時に首が過度に動き過ぎてしまう事が原因で引き起こされる症状の事です。首の周りの筋肉や靭帯、神経等の組織が傷ついてしまう事で、非常に多くの症状が出現します。

mutiuti1.gif

 一般的に良く訴えられる症状として首や肩の痛み、頭痛やめまい等があります。捻挫型と言われる症状で、ムチウチ症の8割はこのタイプだと言われています。

 手足の痺れや脱力感を訴える人もいますが、これは首や腕の神経が障害されてしまった場合に起こる症状です。症状が酷い場合には、下肢の痺れや麻痺等の症状が出てくる場合もあります。

muchiuchi2.png

 また、食欲不振や食事が飲み込みにくいといった症状を訴える人もいます。首には自律神経と呼ばれる内蔵を支配する神経があります。自律神経が障害を受けると、内蔵の働きが悪くなり多彩な症状が出てくる事があります。自立神経の症状は、不定愁訴として扱われてしまう事もあるので専門医に診察してもらうと良いでしょう。

 自分がムチウチ症になってしまったら、どうしたら良いでしょうか。次に、ムチウチ症の対処方法についてお伝えしたいと思います。

 交通事故を起こしてしまった場合、まずは病院へ受診して障害の程度を確認してもらう事が大切になります。なぜなら、この時期に適切な対応をしておかないと後遺症が残ってしまう場合もあるからです。その為、軽傷であっても必ず病院へ受診し、障害の程度を確認してもらいましょう。

 しかし、ムチウチ症はレントゲン等の画像診断では確認する事が出来ません。その為、病院へ行っても異常なしと判断されてしまう場合があるので注意が必要です。病院へ受診する際は、どの様に受傷してしまったのか医師に経過を話す事が大切です。

 初期のムチウチ症の治療で大切なのは、患部を安静する事です。特に被刺激性が高い時期は安静が必要でしょう。被刺激性とは、刺激に対してどの位症状が出現するかという指標です。わずかな刺激でも強い痛みが出る、刺激を取り除いてもしばらく痛みが続くといった場合は被刺激性が高いと判断され、患部の安静が選択されます。

 痛みの症状が酷い場合は、鎮痛剤や頚椎を保護する為のコルセットを使用する場合もあります。しかし、過度に安静にしすぎる事で症状の回復が遅くなるという報告もあります。痛みをコントロールして、痛みがなければ活動的に過ごす事も重要でしょう。

mutiuti4.jpg

 痛みが落ち着いたら、安静により柔軟性が低下した筋肉や組織をほぐしていきます。筋肉や組織をほぐすには、ストレッチやマッサージが効果的です。治療院によっては温熱療法や電気治療等を組み合わせた治療を行う事もあるでしょう。

 一般的にムチウチ症の治療は3ヶ月程度で症状が軽減します。しかし、3ヶ月を過ぎても症状が落ち着かないという人もいます。長期間症状が落ち着かない原因として心理的な要因が挙げられます。特に交通事故によるムチウチ症の場合、PTSDやうつ病等の精神疾患を併発してしまう事もあります。長時間、症状が落ち着かないという場合、心療内科への受診を検討しても良いかもしれません。

 当院は、今まで数多くの交通事故患者さんを施術してきた交通事故治療に強い治療院です。上記症状でお困りの際はご相談下さい。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!