翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 肩から腕にかけての痛みや痺れ

肩から腕にかけての痛みや痺れ

肩から腕にかけての痛みや痺れ(胸郭出口症候群)

  肩から腕にかけて痛みや痺れがある...。こんな症状を訴える人は胸郭出口症候群の可能性があります。胸郭出口症候群は20歳から30歳代の女性に多く見られる症状です。特に首が長く、なで肩の方は要注意です。あなたが普段悩んでいる肩こりなどの症状は胸郭出口症候群かもしれません。今回は、胸郭出口症候群を自分で判断する方法や対処方法などについてお伝えしたいと思います。

katakori01.jpg

 まずは、胸郭出口症候群とはどんな病気なのか簡単に説明しましょう。首や肩の周りには、神経や血管が多く張り巡らされていて、筋肉や骨の間を通っています。特に胸郭出口と呼ばれる部分には幹となる神経や血管が通っていますが、これらの神経や血管が筋肉や骨によって圧迫されると様々な症状を引き起こします。

 主な症状は痛み、しびれ、重だるさです。最も多いのが肩こりに似た肩周りの症状ですが、腕の方に症状が出る人もいます。中にはチアノーゼや冷感などの症状や、吐き気、めまいといった自律神経症状を伴う人もいます。

胸郭出口を圧迫してしまう原因は様々ですが、主に2つの原因が考えられています。1つは筋肉の問題です。筋肉の使いすぎなどにより筋肉が硬くなると、そこを通る神経や血管を圧迫してしまうことがあります。前斜角筋や中斜角筋と呼ばれる首の筋肉や小胸筋と呼ばれる胸の筋肉が硬くなると圧迫されやすいと言われています。

2つめの原因は骨や関節の問題によるものです。特に第1肋骨や鎖骨の異常が指摘されています。姿勢の崩れなどで骨や関節の位置がズレたり、生まれつき骨の異常などがあると神経や血管を圧迫し症状が起こります。また、頚椎と関連があり、頚椎症などがあると胸郭出口症候群の症状が出やすくなることもあります。

kyo1.jpg

 このように胸郭出口症候群は様々な原因が複雑に絡み合っていることが理解して頂けたでしょうか。ではここからは、胸郭出口症候群の対処方法についてお伝えしていきましょう。まず、あなたの肩こりや肩や腕の重だるさが胸郭出口症候群かどうか判別する方法についてお伝えします。1番は整形外科へ受診することをお勧めします。

頸部や腕の痛みには様々な原因があるので、原因を早期に特定しておくことは症状を悪化させないために重要だからです。しかし、肩こりの症状だけで病院に行くのはちょっと恥ずかしいという人もいるでしょう。今回は、そのような方のために初心者でも簡単にできる鑑別テストを1つだけ紹介します。

 それは、3分間挙上負荷テストと呼ばれるものです。手を耳の高さまで挙げ胸を張ります。その状態で3分間手を開いたり握ったりする動作を繰り返すというものです。その間に普段感じる症状が増悪されたら胸郭出口症候群の可能性があると判断されます。しかし、先ほど見たように胸郭出口症候群には様々な原因があります。その為、このテストで症状が出なくても胸郭出口症候群ではないと判断は出来ないので注意して下さい。

では、胸郭出口症候群の可能性がある場合、どのように対処したら良いでしょうか。胸郭出口症候群は生活習慣ととても深い関係があります。特に毎日机に向かうこと仕事をしている人などは、姿勢が崩れている人が多くいます。まずは正しい姿勢を意識して、同じ姿勢を長時間とらないように、こまめに休息を取るようにしましょう。また、症状を誘発するような動作を制限することも重要です。普段、リュックやショルダーバックなどで重い荷物を持っている人は荷物を幾つかに分散させて負担を少なくするなどの工夫が必要かもしれません。

また、筋力がないと正しい骨の位置に保たせることが難しくなります。通常であれば鎖骨は正面から見てVの字になっていますが、胸郭出口症候群の症状がある人は八の字になっています。このような状態だと神経や血管が通る隙間が狭くなり症状が起こりやすくなります。では、筋力を付けてこの隙間を作るトレーニングを1つ紹介しましょう。まず、肩を耳に付けるように引き上げます。その状態で5秒ほど保ちゆっくりと肩を下ろします。これを10回程度繰り返します。毎日行うことで効果が得られるでしょう。ストレッチを行い硬くなっている筋肉をほぐすことも大切ですが、症状が誘発されてしまう場合もあるので、ゆっくり症状がでないように行いましょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!