肉離れ

 肉離れはスポーツをしている若い人に起こりやすい症状の一つです。筋肉に力が入った際に、筋肉が耐え切れずに引きちぎれてしまう怪我の事です。医学的には筋断裂とも呼ばれています。肉離れは強い力が発揮出来る筋肉ほど発症しやすく、特に太ももや、ふくらはぎといった筋肉は肉離れになりやすいと言われています。

nikubanare2.jpg

 肉離れの症状にはどんなものがあるでしょうか。軽度の肉離れでは、患部に痛みがある程度であり、痛みがあっても自分で歩く事が出来ます。重度になると、痛みの為に自分で歩く事が難しくなります。患部に内出血が見られ、圧迫すると陥没した跡が残る等の症状も現れます。

nikubanare.png

 肉離れになってしまったら、発症後の対応が非常に大切になります。これは、どのスポーツ障害でも言える事ですが、一般的にはRICE処置と呼ばれる応急処置を行います。RICE処置を行う事で、症状を軽くしたり治癒期間を短くしたりする事が出来るでしょう。

 RICE処置とは、応急処置で必要な4つの応急処置の頭文字を取ったものです。それぞれRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の略になっています。

 RICE処置は炎症症状をコントロールする為に行います。肉離れ等が起こると痛みや内出血等による患部の腫れ等が起こります。この様な症状は痛みを長引かせたり、修復を遅らせたりするので、出来るだけ炎症症状を抑える事が必要です。肉離れ等の怪我が起こったら、患部を安静にし、冷却や圧迫を加えて患部を挙上すると良いでしょう。圧迫は伸縮性のある包帯やテーピングで圧迫を加えますが、強く巻きすぎると血管や神経を圧迫してしまう事があるので注意が必要です。患部の先が青くなったり、痺れが生じたりするほど圧迫しないようにしましょう。更に挙上する際は心臓の高さより高い位置に患部を持ってくる事が大切です。

 RICE処置は炎症症状が治まるまで実施します。せめて、病院へ受診するまで実施すると良いでしょう。ここで注意したいのが冷却の時間です。冷却は20分程すると感覚が徐々に鈍くなります。この様な状態になったら一度、冷却を外し感覚が戻るまで冷却するのを中止します。感覚が戻ったら再度冷却を始めましょう。

 肉離れの治療では、主に保存療法を行います。保存療法は筋肉の修復を自然治癒に任せる方法です。保存治療中は患部を安静にする事が重要ですが、血行を促進させる事により修復を早める事が出来ます。血行を促進させる為には患部を温める事やマッサージ、ストレッチ等を行います。また筋肉の修復に効果のあるサプリメント等を使用しても良いでしょう。これらの治療はいつごろから始めれば良いのでしょうか。患部の炎症がある時期は温熱治療やマッサージ等を行なうと炎症症状が酷くなってしまう事があります。この為、炎症症状が治まってから温熱治療等を行うと良いでしょう。

 筋肉が修復するのにどれ程の時間がかかるのでしょうか。軽度の肉離れであれば2週間程度の期間が必要です。患部が完全に治癒するまでは、競技に復帰しない様にしましょう。受傷時に歩く事が出来ない程の怪我を負った場合は、治癒に2ヶ月以上かかってしまう事もあります。

nikubanare3.jpg

 温熱治療等と並行してリハビリテーションを行います。肉離れを起こした筋肉はしばらく使わない様にする為、筋肉が細くなっていきます。その為、痛みがない範囲で筋力トレーニングを実施します。出来るだけ早く競技に復帰する為には、全身運動を取り入れたトレーニングも取り入れると良いでしょう。どの筋肉をどの位動かしても良いのかは素人では判断がつきにくいと思います。その為、理学療法士等のリハビリテーションの専門家に指導を求めると良いかもしれません。また、肉離れの予防は筋肉の柔軟性が非常に重要となります。患部だけでなく全身の柔軟性を上げるようなトレーニングも行いましょう。

 今回は肉離れになってしまった際の応急処置を中心に説明しました。スポーツの怪我は適切な処置をしないと競技復帰が難しくなってしまうケースもあります。どんな些細な怪我も軽く見るのではなく、適切な応急処置を行う様にする様にしましょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!