翔鍼灸整骨院 HOME > 症状別日記 > 痛い・痛み なぜ? どんな理由でどんな痛みがあるの?

痛い・痛み なぜ? どんな理由でどんな痛みがあるの?

 痛みは太古の昔から人類共通の悩みですよね。あなたも「痛みなんて無くなれば良いのに」と一度は思ったことがあるでしょう。今回のテーマは痛みについてです。痛みについて医学的な観点から掘り下げてみましょう。きっと今日からあなたの痛みに対する見方が変わるかもしれませんよ。

痛い・痛み なぜ? どんな理由でどんな痛みがあるの?.jpg

 「痛みとは?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか。国際疼痛学会では、痛みを「組織の実質的なあるいは潜在的な傷害に結びつくか、このような傷害をあらわす言葉を使って述べられる感覚や情動体験」と定義されています。ヒトに痛みの感覚がなければ身体中が傷だらけになってしまうでしょう。痛みの感覚は、私たちをこのような傷害から守るためにある防衛感覚とも言えます。

 痛みは、高閾値機械受容器と呼ばれるセンサーで感知しています。ヒトは身体に害を及ぼすような刺激が加わると、この高閾値機械受容器で感知して大脳の感覚野に伝えています。皆さんは足で画鋲を踏んだことがあるでしょうか。画鋲を踏むと「イタイッ!!」と急に足を引っ込めようとしますよね。これは、大脳に痛みが伝わる前に身体が足の筋肉に指令を送って侵害刺激から身体を遠ざけようとするからです。身体のこのような反応を「反射」と呼びます。このように、痛みは複雑な経路を通って様々な身体の反応を引き起こしているのです。

 センサーが同じなら感じる痛みの種類も同じであって良いハズなのに、痛みというと「ズキズキ痛い」とか、「ズーンと重い感じ」とか、「脈打つように痛い」とか部位によって違いますよね。では、なぜ痛みの感じ方が異なるのでしょうか。その答えは、高域地機械受容器以外のセンサーが関係しているからです。このセンサーのことをポリモーダル受容器と呼んでいます。ポリモーダル受容器は様々な刺激に反応するという特徴があります。このポリモーダル受容器の刺激のされ方によって、「刺すように痛い疝痛」や「ズーンと重い二次痛」、「脈打つように痛い拍動痛」といった様々な種類の痛みが引き起こされるのです。

 痛みは、身体が傷害を受けたことを知らせる感覚ですが、身体が傷害を受けていないにも関わらず痛みを感じる病気とも言える痛みの存在がクローズアップされてきています。時折、「痛み止めを飲んでいるのに全く効かない」、「痛みが何か月も続いている」といった症状を訴える人がいますが、これは病気としての痛みによる症状かもしれません。このような症状のことを慢性痛と呼びますが、腰痛など身体の傷害を知らせる痛みを長期間放置していると、痛みを感じる神経に異変が生じて、痛み刺激がなくなっても痛みを感じ続けるようになってしまうのです。現在、慢性痛の治療は非常に難しく、慢性痛に悩まされている人が大勢いるのも事実です。しかし、ペインクリニックという痛みの専門科を掲げる医師が増えてきています。長年続く痛みに悩まされている方はペインクリニックなど痛みの専門医を訪ねてみると良いでしょう。

メールお問い合わせ

【住所】
〒599-0212
大阪府阪南市自然田790-8
【アクセス】
阪南ICから車で30秒!